「寄生獣」を通販で大人買い!

2008年10月17日





「寄生獣」全巻です!

作者 : 岩明均
出版社 : 講談社

「寄生獣」(完全版)1〜8巻を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


★賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください★

「寄生獣」です!

4〜5年前、この作品を読み始めたきっかけは、
どこかで名作と推薦されていたからだったと思います。
(ちょうど完全版が出た頃でしょうか)

初見は、当時としても一昔前のような絵が印象的でしたが、
少し読むうちにどんどん物語に引き込まれていきました。

残虐な描写もありながら、決して残虐なストーリーではないんですよね。

むしろ読み進んでいくうちに、
“寄生獣”であり気持ち悪いはずのミギーに、
なんだかかわいらしさや愛着すら感じてきてしまいました。

実際にはミギーは自分の利害のために思考するだけなんですが、
人間界というものを知っていく過程に、
読み手としてはなんだか子ども(?)を見るような感覚になるんでしょうか。

漫画としても、
主人公の泉新一とミギーをシンボルに人間の在り方を問う、
深い問題提起が込められています。

単なる異生物襲来マンガではありません。

もしまだお読みでない方がいたら、ぜひ大人買いをオススメします!

↓賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください。
漫画★全巻.comと全巻読破.comの比較

「寄生獣」(完全版)1〜8巻を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


大人買い大好き!〜マンガ・コミックを格安で大人買い〜
posted by 牧・D・剛憲 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊アフタヌーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ドラえもん」を通販で大人買い!

2008年10月16日





「ドラえもん」全巻です!

作者 : 藤子・F・不二雄
出版社 : 小学館 
推定完読時間 : 18時間1分 (漫画全巻ドットコム調べ) 

「ドラえもん」1〜45巻を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


★賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください★

国民的マンガ、「ドラえもん」です!

僕もこれを読んで育ったものですよー。

子どもが読んでも、面白い。
そして、大人になって読んでも面白い。

「小学一年生」で連載されていたのに、
未だに大人が読んでも面白いというのは驚異的ですよね。

これこそが日本を代表する漫画じゃないでしょうか。

あるクリエイターさんがドラえもんを語っていたときに、
「こんなに狂っているマンガはない」
という褒め言葉を使っていました。

たしかに!

読んでいて飽きないということは、
それだけクセもあり、常識を外れていて、
なおかつツッコミどころがあるということだと思います。

ちなみに、こんなサイトがあります。
ドラえもん研究サイト「のびダス」

これはほんと笑えるサイトです。
そしてやはり、これだけツッコミどころを備えている漫画は偉大だと思います。

テレビアニメ版では、スネ夫がケータイやパソコンを持つまでになりましたが、
マンガ版は永久に読みあせない名作だと思います。

お手元にない方も、大人買いをされて絶対に損はありません!

↓賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください。
漫画★全巻.comと全巻読破.comの比較

「ドラえもん」1〜45巻を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


大人買い大好き!〜マンガ・コミックを格安で大人買い〜
posted by 牧・D・剛憲 at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | コロコロコミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「北斗の拳」(完全版)を通販で大人買い!

2008年10月14日





「北斗の拳」(完全版)全巻です!

作者 : 武論尊/原哲夫
出版社 : 集英社

「北斗の拳」完全版1〜14巻を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


★賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください★

ここでは、コミックス版(新書版)と完全版の違いについて、記します。

本編の内容についてはこっちで語ってしまったので、こちらの記事へどうぞ。
コミックス版「北斗の拳」を通販で大人買い!

まず大きさは、完全版の方が大きいです。

コミックス版:新書サイズ およそ縦176mm×横112mm
完全版:A5サイズ およそ縦210mm×横148mm

読みやすさから言うと、完全版の方が読みやすいのは確かです。
(ただ、もちろん収納スペースは要りますね)

内容的には、完全版では、連載時にカラーだったページが、カラーで再現されています。
また、コミックス版には未収録のページが復活収録、そして各巻カラーポスター付き(!)というのが、大きな違いです。

ただし、表紙を見るとお分かりの通り、
他の漫画(例えばスラムダンク)の完全版の場合はほぼ慣例となっている「表紙が描き下ろし」ではありません。

その点は、推測になりますが、
1.この完全版を刊行しているのが集英社ではなく小学館であること、
2.この完全版が実写映画の公開時期に合わせて発売されたこと、
と関係あるかと思います。

「週刊少年ジャンプ」(集英社)と「コミックバンチ」(小学館)の間には、いろいろあるみたいですからね…。

完全版の方がちょっとお値段は張りますが、「北斗の拳」を極めたい方にはオススメかもしれません。
(安く済ませたい方は、コミックス版がオススメです)

なお、
全巻読破.com
の場合は古本となるので、ポスターが付いているかどうかは確認した方がいいかと思われます。

↓賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください。
漫画★全巻.comと全巻読破.comの比較

「北斗の拳」完全版1〜14巻を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


大人買い大好き!〜マンガ・コミックを格安で大人買い〜
posted by 牧・D・剛憲 at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「幽遊白書」(完全版)を通販で大人買い!

2008年10月13日





「幽☆遊☆白書」完全版全巻です!

作者 : 冨樫義博
出版社 : 集英社

「幽遊白書」(完全版)1〜15巻を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


★賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください★

ここでは、コミックス版(新書版)と完全版の違いについて、記します。

コミックス版については、こちらの記事へどうぞ。
コミックス版「幽遊白書」を通販で大人買い!

本編の内容についてはこっち↑で語ってしまったので、
ここでは違いのみに触れておきます。

まず大きさは、完全版の方が大きいです。

コミックス版:新書サイズ およそ縦176mm×横112mm
完全版:A5サイズ およそ縦210mm×横148mm

内容的には、完全版がコミックス版と違うのは、
・掲載時にカラーだったページがカラーになっている
・表紙が書き下ろし
・表紙の次に1,2枚の書き下ろしイラスト入り
という点です。

ただし、コミックス版の各話の途中にあったおまけページは、
完全版には入っていません。

個人的な結論としては、「幽遊白書」に関しては、完全版よりコミックス版の方がオススメです。

まずは、完全版の方が値段がちょっと高くなります。

そして、(こっちの方が大きいですが)富樫先生の書き下ろしイラストが、幽白というより、もはやHUNTER×HUNTERっぽいんですよ。

なおかつ、「それでも完全版の表紙イラストを手元に置いておきたい」という方には、「幽遊白書画集」を買うという選択肢もあります。

というわけで、ここは完全版のページですが、コミックス版をオススメするという変なことになってしまいました。

どちらにせよ、僕は幽白は素晴らしい名作だと思っています!

↓賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください。
漫画★全巻.comと全巻読破.comの比較

「幽遊白書」(完全版)1〜15巻を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


大人買い大好き!〜マンガ・コミックを格安で大人買い〜
posted by 牧・D・剛憲 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「花ざかりの君たちへ」(愛蔵版)を通販で大人買い!

2008年10月12日





「花ざかりの君たちへ」愛蔵版全巻です!

「花ざかりの君たちへ」(愛蔵版)1〜12巻を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


★賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください★

ここでは、コミックス版(新書版)と愛蔵版の違いについて、記します。

コミックス版については、こちらの記事へどうぞ。
コミックス版「花ざかりの君たちへ」を通販で大人買い!

本編の内容についてはこっち↑で語ってしまったので、
ここでは違いのみに触れておきます。

まずは、大きさが違います。

コミックス版:新書サイズ およそ縦176mm×横112mm
愛蔵版:B6サイズ およそ縦182mm×横128mm

内容は、一つだけですが大きな違いがあります。

愛蔵版の12巻には、連載終了後に発表された読み切りが収録されているんです。

通常の最終話の続きを読みたい方は、愛蔵版を買われることをオススメします!

※ただし、この愛蔵版はドラマ化を機に発売されたものなのですが、当然のことながら発売後に「花とゆめ」に発表された読み切り(2007年18号と2008年4号掲載)に関しては、収録されていません。

新品の場合は愛蔵版の方がちょっとだけ安くなってしますので、
今から全巻買う方には、愛蔵版がオススメです!

↓賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください。
漫画★全巻.comと全巻読破.comの比較

「花ざかりの君たちへ」(愛蔵版)1〜12巻を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


大人買い大好き!〜マンガ・コミックを格安で大人買い〜
posted by 牧・D・剛憲 at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花とゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「花ざかりの君たちへ」を通販で大人買い!





「花ざかりの君たちへ」全巻です!

作者 : 中条比紗也
出版社 : 白泉社

「花ざかりの君たちへ」1〜23巻(コミックス版)を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


★賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください★

「花君」です!

ドラマ版でも大好評でしたねー。
あれは「イケメンパラダイス」ってゆーサブタイトルも効いていた気がします。
(イケメン目当ての奥様もたくさんいらっしゃったのでは…)

ドラマ版のスペシャルとして、
『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜卒業式&7と1/2話スペシャル』も
放送されますね。

漫画版、僕も読みましたが、
これはとにかく「男子校に女子がいる!」って設定の妙でしょうね。

特に女子からしてみれば、一度は体験してみたいことなんじゃないでしょうか。
(しかもあんなにイケメンだらけ!)

少女漫画ならではの、女子小中高生の「夢とロマン」を体現してるんだと思います。

思えば少年漫画も、友情や努力や戦いといった、男の子の「夢とロマン」を与えてくれるものなわけで…。

これだから漫画はステキですねー。

ただ、漫画版の芦屋瑞稀は、堀北真希さん演じるドラマ版より女の子っぽいです。
そこらへん、「やっぱり漫画版の方が好き!」という花君ファンは多いんじゃないでしょうか。

もしドラマだけで漫画版を読んでない方がいれば、ぜひ大人買いをオススメします!

↓賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください。
漫画★全巻.comと全巻読破.comの比較

「花ざかりの君たちへ」1〜23巻(コミックス版)を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


大人買い大好き!〜マンガ・コミックを格安で大人買い〜
posted by 牧・D・剛憲 at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花とゆめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「幽遊白書」を通販で大人買い!

2008年10月11日





「幽☆遊☆白書」全巻です!

作者: 冨樫義博
出版社 : 集英社

「幽遊白書」1〜19巻(コミックス版)を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


★賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください★

「幽遊白書」、リアルタイムで読んでましたねー。

ジャンプによくありがちな、ほんわかした格闘色のない序盤から始まるも、
戸愚呂兄弟との戦い、そして最後には幽助なんて魔族になっちゃいますからねー。
思えばすごい展開です。

「設定というのは、話が長くなると足かせになる」
というようなことを富樫さんが何巻かの帯で書いてましたが、まさにそうですね。

ちなみに、僕は仙水の葛藤と樹との関係も好きですが、
一番好きなのは18巻あたりなんです。
雷禅、黄泉、ムクロが出てきて、蔵馬や飛影の過去も明かされていくあたりが。

その物語の無限に思えるような広がりっぷり、
さらに富樫さんの体調によると思われる、中途半端な終わらせ方、
どちらにも魅力を感じます。

もちろん魔界統一トーナメントは、それぞれの試合を詳細に読みたかった気がしますが、ただ、人間の想像力ってのはすごいもので、描かれていないことで想像(妄想?)が広がるんですよねえ。

飛影vsムクロなんて、すごい試合だったんだろうなあ…、と、
その想像力の翼を羽ばたかせる余地をくれたって意味で、これはこれで好きなんです。
(アニメ版では描かれてましたけどね)

これだけスケールの大きなマンガはなかなかありません!

ぜひ、大人買いをオススメします!

↓賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください。
漫画★全巻.comと全巻読破.comの比較

「幽遊白書」1〜19巻(コミックス版)を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


大人買い大好き!〜マンガ・コミックを格安で大人買い〜
posted by 牧・D・剛憲 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊少年ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「花より男子」を通販で大人買い!

2008年10月10日





「花より男子」全巻です!

作者 : 神尾葉子
出版社 : 集英社

「花より男子」1〜37巻(コミックス版)を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


★賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください★

「花男」です!

テレビドラマも絶好調でしたし、
なんといっても日本で一番売れた少女漫画なんですねー!
(これはWikipediaで知りました)

いやー、これは男子が読んでも十分に面白いですからねー。

叩かれても雑草のようにたくましいつくし、
いつもクスッと笑ってしまう道明寺語録、
そしてカッコよすぎるF4!

F4みたいなカッコいい男(たち)は、男も好きなもんです。
あれだけカッコいいと、なんだか現実離れしていて、そこが楽しいですよね。

「これぐらい、はしたカネ」
って言ってみたいなー…。

今年には「花より男子ファイナル」として映画化もされましたが、
実は1995年にもすでに映画化されているのをご存知でしょうか?

つくし役は、当時新しいアイドルの象徴だった内田有紀、
主題歌はTRFの「Overnight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜」!
いやー、時代を感じさせますね…。

なお、「花より男子」はコミックス版のほかに、完全版もあります。
その違いについては、完全版の方の記事をご覧ください。
完全版「花より男子」を通販で大人買い!

どちらにせよ、日本を代表する少女漫画なので、
ぜひ大人買いをオススメします!

↓賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください。
漫画★全巻.comと全巻読破.comの比較

「花より男子」1〜37巻(コミックス版)を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


大人買い大好き!〜マンガ・コミックを格安で大人買い〜
posted by 牧・D・剛憲 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーガレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「イキガミ」を通販で大人買い!

2008年10月08日





「イキガミ」全巻です!

作者 : 間瀬元朗
出版社 : 小学館

「イキガミ」全巻を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


★賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください★

松田翔太さん主演で映画にもなってますねー。

僕はまだ観ていないんですが、間瀬元朗さんが映画の脚本にも加わっているので、
原作を損なうようなことにはなっていないなじゃいか、という希望的予測があります。笑

この「国家繁栄維持法」といい、「デスノート」といい、
「死」を効果的に利用してスリリングな展開に持ち込んでますよね。

「死」ってそこまで安易に利用していいんだろうか、
って評もなくはないと思いますが、読んでいて引きずり込まれるのは確かです。笑

でも、もちろんそこが藤本賢吾の苦悩にもなっていくわけですよね。

設定として「死」を利用してはいるものの、
最後には「生」こそが尊い、というメッセージになるのでしょう。
(デスノートと同じように)

まだまだ「ビッグコミックスピリッツ」で連載中ですが、
漫画版の行く末を見守りたいと思います。

あ、この漫画は「週刊少年サンデー」からの移籍組ですね。
同じく移籍組と言えば、僕の好きな浅野いにおさんの「おやすみプンプン」もですね。
(すいません、この記事とは関係ない話です)

↓賢い大人買いのしかたは、こちらの記事をご覧ください。
漫画★全巻.comと全巻読破.comの比較

「イキガミ」全巻を、
漫画★全巻.comで大人買い!(新品)

全巻読破.comで大人買い!(古本)


大人買い大好き!〜マンガ・コミックを格安で大人買い〜
posted by 牧・D・剛憲 at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊ビッグコミックスピリッツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョジョを再読してます

最近、「ジョジョの奇妙な冒険」を再読し始めました。

第一部、ジョナサン・ジョースターの章から読むのは、かなり久しぶり。
いやー、マンガって、読めば読むほど発見があるものですね!

以前は気がつかなかったほんのちょっとしたことが分かったりして、
とても楽しいです。

もちろん、「ジョジョを読む」ということもすごく楽しいわけで。
あの独特のセリフ・効果音・ポーズは、
第一巻からすでにかなり確立されていたということも再認識。

荒木飛呂彦さん、ほんと天才です!!

あのディオがジョースター家に来たときはかなり子どもっぽかったり、
(時間まで支配しちゃうのは、まだだいぶ後の話ですね)
ジョナサン・ジョースターの苦悶や恋が以前よりよく分かったり、
懐かしいタルカスとブラフォードなんて名前も出てきたり…。

名作は何度読んでも色褪せませんが、
ジョジョなんてまさにその代表格。

いま、第二部に突入したところです。

ああ、ストレイツォ…。

大人買い大好き!〜マンガ・コミックを格安で大人買い〜
posted by 牧・D・剛憲 at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人のにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。